person 人を知る

出版業界で働く人たちと向き合って電子書籍をユーザーに届けていく

  • 事業職
  • 安藤 康子 (中途入社・出版社向け営業)
  • ※2022年時点の内容です
インタビューイメージ

入社理由を教えてください。

前職は出版社で雑誌編集をしていました。そこからデジタル媒体で出版コンテンツを扱う企業を中心に転職活動を始めて当社に入社しました。当時は電子書籍をあまり使っていなかったので知らない業界に飛び込むような感覚でしたが、実際に働いてみると電子書籍のよさがすぐに分かりました。持ち運びもしやすく、収納場所にも困らないので、欲を抑えず好きな漫画をどんどん買えますよね。今では「漫画が好きな人にこそ、もっと電子書籍を使ってほしい!」という思いで業務に臨んでいます。

担当業務を教えてください。

出版社への営業活動をしています。自分の担当出版社の売上目標を達成するための業務として、配信作品の売上・閲覧数の報告、当社独自のキャンペーン・施策の交渉、販促企画のご提案などを主に担当しています。出版社が新しい取り組みをしたいとき最初にご相談いただける関係を構築することや、施策を実施するために必要な社内調整をすることも営業の役目ですね。営業以外にも、LINEマンガへの取次業務を担当する部署と、オリジナルコンテンツを制作する部署を兼務しています。

インタビューイメージ

やりがいや成長を感じる瞬間は?

一番のやりがいは、自分の仕事に対して出版社や編集部の方から直接お礼を言っていただけることですね。電子書店ではユーザーの顔や買ってくださる方の反応がどうしても見えづらい部分がありますが、出版業界の方々と向き合って仕事をしていますので、人と関わることでやりがいを感じられるのが営業の魅力の一つではないかと思います。

一番印象に残っている仕事は?

学割という画期的なキャンペーンを実施したことです。「もっと若い人に漫画を読んでほしい」という想いを持った出版社が提案してくださった企画で、私は調整役としてプロジェクトを進めました。「必要なシステムを社内で開発できるか?」「どんな特集ページを制作すればよいか?」といった課題を解決するのは大変でしたが、ユーザーにご満足いただける特典を出版社側と一緒に考えるのがとても楽しく、実際にたくさんの応募をいただくことができました。

また、ある出版社の方に「この先も安藤さんにご担当いただきたい」と言っていただけたのも強く印象に残っています。厚い信頼を寄せていただいていると知り、営業担当としてこの上なくうれしくなりました。

インタビューイメージ

当社の事業やサービスの強みは?

営業視点では2つあります。1つ目は、直接契約している出版社が多いことです。取次を介さず取引できるため、交渉スピードが速く、信頼関係の構築にもつながっています。

2つ目は、魅力的な販促コンテンツです。漫画を愛する社員がたくさん在籍する当社の特集はどれも濃密で、出版社からも書店の強みとして認知していただいています。作家の方がSNSで特集ページを拡散してくださることもあるため、サービスの認知向上にもつながっています。

とはいえ漫画に詳しいことは一つの強みにすぎません。他業種と同様、個人のスキルを武器にして活躍する社員も在籍していますので、個性を発揮しやすい職場環境も当社の強みと言えるかもしれませんね。

インタビューイメージ

社員の印象を教えてください。

人が良いなと思います。よく社員同士でも「イーブックの人ってみんな優しいよね」という話になるくらいです。相手を思いやることのできる人たちばかりなので一緒に仕事がしやすいですし、見習いたいなとも思いますね。

リモートワークについて教えてください。

リモートワーク中心になったのはとても良い変化だと思います。通勤時間がなくなって働きやすくなりましたし、出版社との打ち合わせもオンラインが基本になったため、移動時間がなくなり、お互いに時間を有効活用できるようになりました。資料を印刷せずに画面共有機能で打ち合わせができるのも便利です。オンラインでも社内コミュニケーションがスムーズにできるよう営業一同心掛けていますので、新しく入社される方にもご安心いただきたいですね。

インタビューイメージ

働き方や福利厚生について教えてください。

かなり働きやすい環境だと思います。有給休暇が取得しやすく、リモートワーク手当や在宅環境整備支援制度など福利厚生も充実しています。ライブやイベントなどの理由でお休みすることを許容し合う社風もエンタメ好きにはうれしいですね。

職場としての当社の魅力は?

自分らしく働けることが一番の魅力だと思います。漫画に限らず好きなものに対してオープンで、自分に正直に働いている方が多い印象です。そうやって一人ひとりが個性を発揮することが仕事の成果にもつながるのではないかと思います。

インタビューイメージ

今後の目標をお聞かせください。

これからも現場で営業に長く携わり、出版社の方々と向き合って仕事をしていきたいです。上司もそうしたキャリア志向を汲み取ってくださるので、自分のビジョンに沿った働き方ができています。「まだ誰もやったことのないような取り組みに先駆けて挑戦する」という私の強みを活かして、これからもチームに貢献していきたいですね。

そして個人的な夢ですが、電子書店という枠にとらわれない大きな取り組みをやってみたいです。作家やユーザーの垣根を超えて漫画愛を表現し合うことのできる壮大なイベントをいつか実現してみたいですね。

インタビューイメージ

入社を検討している方へのメッセージをお願いします。

何より、人の立場に立って物事を考えられる方と一緒にお仕事がしたいです。新卒や若手の方もチャレンジがしやすい環境ですし、リーダーはメンバーが活躍できるよう全力でサポートしてくれますので、当社に興味を持った方はぜひ選考にご応募ください。

開こう、未来の扉
TURN THE PAGE TO A NEW FUTURE
新卒エントリーはこちら
中途エントリーはこちら