ビジネスモデル

ヤフーのバックアップの下、中期ビジョン「電子コミック国内取扱高No.1」に向けて、継続的な事業成長を実現してまいります。

電子書籍事業

著者および出版社から許諾を受け電子化した書籍を、ヤフーと協力して運営する電子書籍販売サービス「ebookjapan」を通じてお客様に販売します。

電子書籍事業モデル

特長・強み

  • マンガを中心に、世界最大級を誇る60万冊を超えるラインナップ(2019年3月末時点)。
  • 電子書籍の特徴である電子本棚により、一度獲得したユーザーは定着する傾向が高く、獲得したユーザーが根雪のように積みあがっていくスケーラブルな事業モデルです。
  • ヤフーの顧客基盤、マーケティング活動と積極的に連携して事業を展開。近年成長著しい無料マンガアプリ市場にも参入しています。
  • 著作権者との強い信頼関係で、当社だけの出版社連携キャンペーン、独自施策を実施しています。

クロスメディア事業

取次業者から仕入れた紙書籍商品を、Yahoo!ショッピング等で運営する「bookfan」を通じてお客様に販売します。

クロスメディア事業モデル

特長・強み

  • 国内最大級の品ぞろえと1冊からの送料無料サービスの実現しています。(bookfanプレミアム店)
  • Yahoo!ショッピング(本、雑誌、コミック部門)で、8年連続年間ベストストアを獲得しました。
  • ヤフーグループの諸サービスと積極的な連携を推進しています。

IR情報をもっと詳しく

ページの先頭